弟が一人暮らしをする際にプロバイダを比較検討したとき、業者によって価格やキャンペーンでの無料期間が異なっていた

プロバイダは価格とサービスで選ぶ

プロバイダによってキャンペーン価格が違う

1年前から弟が単身者用マンションで一人暮らしをしています。当初からそこを拠点にして知人と共に会社を興そうと考えていたらしく、まずはインターネット環境は必須ということで、回線を引くことにしたそうです。その際にいろいろとプロバイダ業者を比較してみたそうなのですが、並べて見ると細かい違いがあって面白かったそうです。
大手の電話会社が運営しているところは一か月の価格が若干高いものの、キャンペーンでついてくる商品が豪華。アフターフォローなども細かいようで、ただその分契約期間が2年以上とあり、2年以内に解約する場合は違約金がいるとのこと。ただし、キャンペーンの延長で、最初の3ヶ月は利用料金が無料だったそうです。一方で携帯電話の会社がやっているところは値段は安いが無料利用が一ヶ月、でも契約期間も短いから気に入らない場合も割りとすぐ別業者に変えることが出来る・・・など様々だったようです。
当時、あまりお金のなかった弟は、まずは自宅で使えるパソコンが欲しいということで、前者の業者のキャンペーンで中古パソコンが無料でついてくるという条件につられて契約したそうです。その後、友人からまた別の中古パソコンをもらったそうで、それを自宅用のパソコンに使っているそうですが、キャンペーンでもらったものは会社での仕事用に活用することにして、今でも現役で動いているそうです。その後は一度だけ有料のインターネットテレビの勧誘電話があったそうですが、それ以外はしつこい勧誘もなく、快適に利用しているそうです。

Copyright (C)2017プロバイダは価格とサービスで選ぶ.All rights reserved.