ダイヤルアップ接続からADSL回線を提供するプロバイダへの変更は内容よりも価格が足枷になりました。

プロバイダは価格とサービスで選ぶ

価格がネックで契約できなかったADSLプロバイダ

ダイヤルアップ接続で細々とインターネットライフを楽しんでいたある日、ISDNを上回る処理スピードと常時接続を可能にし、さらに電話回線は別に通話、FAX等に使用できるという夢のような話、ADSL回線というものが登場したと風の噂で聞きました。さぞかし価格も高いんだろうなと思っていましたが、やはり月額4千円くらいはするとのことでした。しかし、電話代を気にする事なく使い放題というのは大きな魅力のような気がしました。
ある日、家電量販店に何げなく立ち寄ると、とあるプロバイダがADSLの店頭デモンストレーションをしていました。何と最大で1カ月の無料使用ができ、モデムもその日にもって帰っていいというではないですか。街頭でモデムの入った紙袋を無差別配布していたのを見かけた方もいらっしゃると思いますが、そこと同じプロバイダの戦略でした。この魅力的な申し出を受け入れることにして簡単な手続きをし、モデムを持ち帰りました。数日経ち回線工事が終了したという通知を受け、電話回線とモデムとパソコンをつないでなんなくADSLは開通のお披露目をみました。常時接続も嬉しかったのですが、驚嘆したのはその処理スピードです。いきなり現れる画像データにこれはキャッシュ内のものか?といぶかしんだものです。朝からパソコンを立ち上げ、それこそ24時間インターネットを楽しむ生活を続けていたのですが、無料期間の終了が近づくとADSLの導入を手放しで歓迎するわけにはいきませんでした。その理由は月額使用料の価格の高さです。有料プロバイダと契約していた人はそれほど負担に感じなかったかもしれませんが、電話代のみでインターネットができる無料プロバイダを使用していたものとしては費用が増えるということは意外と足かせになるものです。
結局電話で解約を申し入れて、着払いでコンビニからモデムを宅急便で返却しました。インターネットはまたもとのダイヤルアップ方式での接続に戻ったのです。結局、ADSL回線がわが家に導入されるのは格安のADSLを提供するプロバイダが現れるまで待たねばなりませんでした。お金は大切です。どんなに便利でも価格は重要ですね。

オススメワード

Copyright (C)2017プロバイダは価格とサービスで選ぶ.All rights reserved.